トイレについて

便器を選ぶ時のポイントは?
新しい機能のついた便器が各メーカーから販売されています。
最近は、汚れがつきにくく落ちやすい素材の商品が人気です。節水・節電・脱臭・暖房機能なども豊富です。タンクの見えない商品や、タンクレス商品などもあります。カラーも一般的なパステル調からビビットな色まで豊富に揃っています。お年寄りの見える家庭には、段差、手摺りなども考慮に入れて、機能、予算、デザインなどで選ぶと良いでしょう。スペースに余裕があれば、収納も考えたいポイントの一つです。
和式便器を洋式便器に取替たいのですが。
基本的には、現状の床や便器などをすべて撤去して作り直します。洋式に変更するにあたっては、排水管の位置なども考慮が必要です。リフォームに適応する便器・タンクのセット等もあります。
アタッチメント式の商品もありますが、兼用式和式便座のみ対応のものもありますので、注意が必要です。また、洗浄暖房便座も合わせて取り付ける場合には、電源(コンセント)が必要になります。
下水道切替工事をしたいのですが。
下水管の本管工事、枝管の敷設が完了しており、行政からの使用許可が出れば工事は可能です。
今までの排水形式が汲み取りもしくは雑排流しの場合には、トイレ、洗面所、お風呂、キッチンなどの排水をつなぐ配管工事も必要になります。この場合は、配管の設置状況によって、床の解体やコンクリートの打設などおおがかりな工事が必要になることが多いです。費用としては、現在が汲み取り+雑排流しの場合は 30万~100万円(トイレ等の設備抜き)、合併浄化槽の場合は20万円~40万円ほどかかります。計画をもってリフォームされることをお勧めします。
2008.02.05 |

【住所】〒472-0032 愛知県知立市中山町中山27-3 【連絡先】tel (0566)82-3712 / fax (0566)82-0642
【営業エリア】知立市・刈谷市・安城市・豊田市・豊明市・岡崎市・高浜市・碧南市・大府市・三好町・東郷町

弊社では、アフターフォローをしっかりと対応するために営業エリアを限定させていただいております。
車で30分以内を目安にご訪問できるエリアとさせていただいておりますが、上記のエリア外のお客様は別途、ご相談下さい。

Powered by EXT.