外壁・屋根について

外壁の塗替えの時期と、商品による違いを教えてください。
外壁の塗替えは既存の状態に左右されます。弾性系塗料は塗料自体が伸び縮みする為、ひび割れが出来にくいのでお勧めです。サイディング系の外壁の場合は表面がかなり粗骨状態なので浸透性の高い下地材を使用し、通常の塗料を使いましょう。
塗料には一般的に安価なものから、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素となります。
安いアクリルの場合は寿命は2年ほどと短く、高価なシリコンやフッ素は15年~20年ほどの寿命があります。(寿命とは、塗料膜の耐用年数で、色あせ、色飛びは含みません)市場で多く出回っているのは、ウレタン塗料です。
実際に塗ってしまうと、素人目には分かりにくく、そこにつけ込む業者もいますので、注意が必要です。
セメントモルタル外壁をサイディングにするのが良いと聞きましたが、方法と違いを教えてください。
セメントモルタルは時間の経過とともに、ひび割れが多く生じます。このヒビから水分が入り込み、柱・土台などの構造体を腐らせ、重大な被害を及ぼす場合があります。そこで、古くなったモルタルの補修の繰り返しよりも、サイディングを上から貼る形で水分の浸入を防ぐ工事が普及しています。
サイディングはセメントモルタルの上から重貼りする場合と、撤去してから貼る場合があります。重ね貼りの場合には、廃材が少なくコストがかからない利点はありますが、柱・土台・断熱材の状況が確認できない、また、家全体の重量が重たくなるなどのデメリットがあります。
種類としては金属系サイディングと窯業系サイディングがあります。金属系は素材の重量が軽く、重ね貼りしても家への負担が少なくて済みますが、デザインの種類が限られています。窯業系はセメント質の原材料を板状に加工したもので、デザインが豊富ですが、金属系の倍以上の重量があります。コストなどからよく検討されることをお勧めします。
屋根の塗り替えと葺き替え そのポイントは?
屋根には、瓦と金属カラー鉄板などがあります。金属カラー鉄板の場合は15年~20年が葺き替えの目安です。葺き替えと塗り替えのポイントはサビと年数です。屋根を葺いてから15年~20年が経ち、サビが出てきたら葺き替えがお勧めです。サビの部分は薄くなっていて、塗り替えてもサビが進行する場合が多いからです。サビが出て穴があくと、そこから雨が入り室内の木造部分が腐る原因となります。そうなると修復にはかなりの費用が必要となります。
頻繁に屋根の塗り替えをしていても、そんなに寿命は延びません。ホームセンターで出回っているアクリル塗料で2年おきに塗り替えても、18年~23年ほどになる程度です。
2008.02.05 |

【住所】〒472-0032 愛知県知立市中山町中山27-3 【連絡先】tel (0566)82-3712 / fax (0566)82-0642
【営業エリア】知立市・刈谷市・安城市・豊田市・豊明市・岡崎市・高浜市・碧南市・大府市・三好町・東郷町

弊社では、アフターフォローをしっかりと対応するために営業エリアを限定させていただいております。
車で30分以内を目安にご訪問できるエリアとさせていただいておりますが、上記のエリア外のお客様は別途、ご相談下さい。

Powered by EXT.