バリアフリーについて

高齢者に考慮したキッチンとはどのようなものですか?
まず、床はぬれても滑りにくく、汚れにくい仕上げにします。足の負担を考え、クッションフロアの方が良いでしょう。カウンターや天板の高さも考慮します。
安全に考慮し、立ち消えや消し忘れに対する安全装置が付いている器具や、炎の出ないIHクッキングヒーターなどが安心です。また、車椅子やスツールに座ったまま調理できるタイプのものもあり、床暖房や足下温風器なども取り付けられます。
高齢者に配慮したお風呂とはどのようなものですか?
介護することを考え、1坪以上のスペースを確保するほうが良いでしょう。また、浴室への出入り、洗い場での立ち座り等のために手摺りをつけることをお勧めします。床、浴槽内部にも滑りにくいものを選び、入口は段差がなく引戸又は折戸のして外側からも解錠出来るようにします。
お風呂での事故は大変起こりやすい場所ですから、安全性の高いものを考えたものが、各メーカーより出ていますので、よく検討しましょう。
高齢者に配慮したトイレにするには
和式トイレの場合は洋式トイレへの改装をお勧めします。
入口は引戸が良いでしょう、壁には立ち座りの補助の為手摺りを取付、敷居の高さもつまずかないように考慮しましょう。
入ると電気・換気扇が点き、便座のフタが開き、使用後立ち上がると、自動で洗浄し、退室すると電気が消えるという便利な商品もあります。
安全性を高めるポイントは?
・トイレの戸は引き戸・外開きにする(中で倒れてもすぐ開きます)
・ドアノブはレバー式にする。(お年よりには使いやすいタイプ)
・階段は広く緩やかで踊り場付の曲がり階段で手すりもつけましょう(可能な限りですが)
・わずかな段差につまずきやすいので、段差をなくして平らに。
・階段照明は、踏み面を照らす足下灯を併用する(足元注意)
・玄関・トイレ・浴室・廊下など手すりをつける。
・車椅子で廊下や出入り口を通る時は、1m以上の幅を確保する。
階段や手すりの取り付けポイントは?
手すりには、体重の約3倍ほどの荷重がかかります。ですから、壁の補強をしないと取り付けができない場所もあります。形としては、廊下など伝い歩きの場合は横型、トイレなど立ち上がる動作の場所では縦型またはL型など場所にあった手すりを取り付けることが必要です。下地工事ができない場合は、下地不要のベース材とセットになった手すりも出ています。
2008.02.05 |

【住所】〒472-0032 愛知県知立市中山町中山27-3 【連絡先】tel (0566)82-3712 / fax (0566)82-0642
【営業エリア】知立市・刈谷市・安城市・豊田市・豊明市・岡崎市・高浜市・碧南市・大府市・三好町・東郷町

弊社では、アフターフォローをしっかりと対応するために営業エリアを限定させていただいております。
車で30分以内を目安にご訪問できるエリアとさせていただいておりますが、上記のエリア外のお客様は別途、ご相談下さい。

Powered by EXT.